ブログ


強い西日や暑いサンルームの直射日光をリフォームで解決?!

 

ちょっと番外編ですかね?!

 

今まで通り外装リフォームのお話をさせていただきますが、 今回は「窓」についてお話したいと思います。

 

内装リフォームを終えられた方から、たまに聞く「リフォームして家は素敵になったけど、せっかくリフォームした設備が西日や直射日光で暑いのです。紫外線で色あせなども心配で・・・」というお悩み。

 

実は、今まで諦めておられた直射日光によるお悩みは今ならリフォームで解決できるのですよ!

 

西日や直射日光の暑さにお悩みの方はぜひご一読ください。

 


1.窓ガラスに塗るだけの「窓」リフォーム技術

 

無色透明、室内の明るさもそのままで紫外線と赤外線をカットする夢のような窓リフォー ムがあることを、みなさんはご存知でしょうか?

 

西日や直射日光の当たる環境で遮熱効果 を発揮するメイド・イン・ジャパンのこの高機能コーティングシステムはX ’ c o a t(クリスコート)と言います。

 

紫外線を99%カットする素晴らしいUVカット機能を持ち、お肌の日焼け防止だけでなく室内の設備や家具の色あせにも低減効果を発揮するこの技術は、環境省の環境技術実証承認済(実証番号051-1702)という確かなものです。

 

ですから普段から紫外線を気にされる女性には安心で理想的なコーティングシステムですね。

 


2.窓に塗るだけで夏は遮熱、冬は断熱のダブル効果を発揮

 

暑さの原因は「太陽からの熱」ということは遮熱塗料等のコラムでもご紹介した通りですが、みなさんは太陽からの熱の正体は「赤外線」ということをご存知でしたでしょうか?

 

X’coat(クリスコート)は暑さの原因となる赤外線も90%カットしますので、夏の暑さや強い西日の赤外線が窓を透過するのをカットし暑さを和らげます。それと同時に赤外線移動抑制効果が冬期は温かさを保つので、年間を通じて省エネに効果があります。

 


3.明るさはそのまま。塗ったかどうか忘れそう

 

X ’ c o a t(クリスコート)を施工後にお部屋が暗くなるという心配はありません。

 

高い可視光線透過率(79%)なので、今までの明るさそのままです。塗布するだけで紫外線と赤外線だけをカットしますから、外から室内を見せたい店舗や窓面積が広い住宅等に最適です。

 

ちなみに、自動車に塗布した場合の車検にも通る透明度、幅広ガラスや曲面ガラスにもシームレスに施工が可能なのでフィルムを貼った時のような継ぎ目はできません。膜厚も 7 μ (1/1000ミリ )と大変薄いので、これでは思わずX’coat(クリスコート)を施工したことを忘れてしまいそうになります。

 


4.ロングライフで15年以上の耐久年数

 

X ’ c o a t(クリスコート)はガラスに科学的に密着するため、ロングライフで剥がれや気泡の発生に対しても抜群の耐久性を誇ります。

さすが国内特許取得済みで尚且つ世界15か国での国際特許を持つX’ coat(クリスコート)と言ったところですね。

 

一般のフィルムが3年程度しかもたない事を思えば費用対効果も抜群でしょう。

 

更に、一般のフィルムでは貼れない網入りガラスにも施工できるのが、嬉しいところです。

 


5.まとめ

 

今までは大型の建造物、ホールやホテル等の施設で採用されていた技術がいよいよ一般住宅でも使えるようになりました。

 

X ’ c o a t (クリスコート)は紫外線 9 9 %カット、赤外線 9 0%という他には無い優秀な結果が出ているコーティングシステムです。

 

外壁も屋根も遮熱対応の塗料やカバー工法で重ね張りしたけれど、もっと冷暖房効果を上げたい。

 

という ご希望にもしっかりお応えできると思います。

 

これからの外装リフォームは外壁や屋根だけでなく「窓」の性能をアップさせていくこともがお住まいの快適性を追求していくにあたって重要な要素の1つになるでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社リアンコーポレーション. All rights Reserved.