ブログ


塗装工事における養生作業について

 

養生作業と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、養生作業とは、窓やサッシ植物などに塗料がつかないようにビニールやテープで覆う作業のことを言います。

 

塗装工事において養生作業は仕上がりを左右する重要な工程なので、その必要性と役割をキチンと理解しておきましょう。

 


1.養生の対象部分とは

 

雨樋などを同時に塗装しないなら、その部分が養生の対象になります。

 

養生作業を丁寧にやっておくと塗装工事の仕上がりが格段に変わりますので塗装作業を行う側からすると、この養生作業は手を抜けない重要な作業となります。

 

 

 


2.様々な場所への養生があります

 

養生には塗装前の下準備だけでなく、塗装工事中に屋根や外構のタイルなど塗装工事に必要となる部分を守る役割があります。

 

作業するスタッフの 靴の裏に砂などが付着している場合を想定して、施行中の出入りの際に生じる小キズを防ぐためです。

 

なお、床面に養生する場合は、目的別に養生素材を変更します。

 

お施主様に塗装工事の進捗を確認していただく際に通る所は滑り止めが付いた素材で養生作業を行います。

 

養生シートを使い分けて塗装工事現場を適切で安全な場所にするために養生する素材にも実は種類があるのです。

 


3.作業の安全性も確保できます

 

塗装現場を安全に保つために行う養生作業がもう一つあります。

 

足場は金属性のパイプや板で出来ているので、足場の出っ張りや角など出入りする スタッフ等の体に接触する可能性がある箇所を養生しておくことです。

 

安全な現場でこそスタッフも良い仕事ができるので、現場の管理は塗装の出来栄えに大きく関わってきます。

 


4.養生の注意点

 

養生作業をする上で一番気を使うのが外部機器の養生です。

 

外部機器とはエアコンの室外機エコキュートボイラーなどが含まれます。

 

もちろん植栽も対象となります。

 

この外部機器の周辺も当然のごとく、塗装箇所となりますので養生作業を行います。

 

植栽は飛散した塗料や洗浄液が付着したことで枯れたり、弱ったりする可能性があるので注意が必要です。

またエアコンの室外機は使用していない時期なら問題ありませんが、養生が施されいる時にエアコンを使用されてしまうと…空気を循環させることができず、エアコンの故障に繋がります

 

なお、ボイラーやエコキュート等にも同じことが言えます。

 


5.まとめ

 

 

養生作業というと難しい言葉のように思えますが、その意味はマスキングと同等です。

 

現場の安全、外部機器の保護、塗装の出来栄えに直結する大変重要な作業となります。

 

みなさんも塗装工事をされた場合は、塗装スタッフの職人技だけではなく、養生作業の出来についても興味を持っていただけると、外装リフォームの完成まで進行状況を楽しく見守っていただけると思います。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社リアンコーポレーション. All rights Reserved.